名西消防組合からのお知らせ
 
○救命講習、応急手当、AEDの取扱等についてのお問い合わせは救急課まで(088-674-6788)
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
重要連絡  (平成29年9月19日更新)    
              
 
平成29年度名西消防組合消防職員採用試験の延期に係る延期日、試験会場等について

  平成29年9月17日(日)の職員採用試験が台風第18号の影響により延期となりました。
  採用試験の延期日(再試験日)の日程及び試験会場(変更)は、次のとおりです。
 @ 延 期 日  平成29年10月22日(日)
 A 試験会場  徳島大学理工学部
(共通講義棟)
           (徳島市南常三島町2丁目1番地)  
 B 試験時間、持参品、注意事項等については、受験者に配布している「採用試験案内」のとおりです。


※1 その他詳細については、後日、受験者に対し郵送等により、お知らせします。


※2 受験者の方で上記内容に不明な点がある場合は次の番号に連絡して問い合わせてください。
   1 名西消防組合消防本部 庶務課  
   2 電話番号  088−674−6788
   3 対応時間  平日 午前8時30分から午後5時まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  

   
 Myozai           ○「名西消防組合特定事業主行動計画の策定について」
「名西消防組合における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」の一部改正について
○県内5消防機関による合同水難救助訓練に参加しました。 
○ 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合に
 おける全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

  ※ 内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容
○弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について
  ※ 内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容
○熱中症を予防して元気な夏を!!!!
  出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)
 ○平成29年度 名西消防組合入札結果について
○石井消防署に小学生が社会科見学にきました。
○平成29年度名西消防組合水難救助訓練を実施しました
   ○とくしま防災フェスタ2017が開催されます!(出典:徳島県立防災センター)
 平成29年度名西消防組合水難救助訓練を実施しました!!

1日  時  平成29年8月1日(火)及び8月2日(水)

       午前9時から正午まで

2場  所  名西郡神山町阿野字歯ノ辻 鮎喰川 

3参加部署  名西消防組合消防本部

       石井消防署

       神山消防署

   この時期には、全国各地で水難事故が多発しております。 

    ルールを守り、安全に遊んで、楽しい夏の思い出をたくさん作りましょう!!!


 訓練準備(準備体操)                訓練説明
   

 訓練想定@(着衣泳法)               訓練想定A(スローバック取扱い訓練)
  

 訓練想定A(浮環取扱い訓練)          訓練想定B(3点セット取扱い訓練)          

石井消防署に小学生が社会見学に来てくれました!!!

1 日   時  平成29年6月26日(月) 午前10時から  
2 場   所  石井消防署 庁舎及び訓練塔付近 
3 見学内容  救助訓練見学、消防車両、その他装備品

 

 @救助工作車 見学                A水槽付き消防ポンプ自動車 見学
   

 B高規格救急車 見学               C訓練塔 ロープブリッジ救出訓練 見学
   



平成29年度県内5消防機関による広域消防相互応援協定締 結消防本部による合同水難救助訓練に参加しました

1 日   時  平成29年6月16日(金) 午前9時から  
2 場   所  小松島市和田島町
3 参加機関  県内5消防本部
 
@活動方針指示                  A個人装備装着
  
 B隊員エントリー(救出開始)           Cクレーンを使用して担架を投入
 
D要救助者を担架に収容             E要救助者救出(救出完了)
 
 
統一標語H28 「消しましょう そ
の火その時 その場所で」

救急車の適正利用について
(消防庁 救急車利用マニュアル)
 

 「ぼくは火災警報器」

住宅用火災警報器普及運動実施中。
動画の配信中
 ・MP4形式
 ・MOV形式
 ・WMV形式
行楽シーズンにおける火災予防について・・・
  一葉秋を報ずる侯。これからはまさに格好の行楽シーズンの到来と言えます。みなさんも家族や親しい友人とドライブ・紅葉見学・ハイキング等で山やいろいろな行楽地へ出かける機会が多くなり、秋の薫りを満喫する事でしょう。
 しかし、この季節は風が強く吹く日も多く、これから冬にかけてますます空気は乾燥し、1年のうちで最も林野火災が発生しやすい季節でもあるのです。少しの気のゆるみから火災を招くことのないよう下記の事に気を付けましょう

☆ 出かける前の戸締まり・火の元の再点検。
★ 行楽地へ向かう途中、車からタバコの投げ捨てを絶対にしない。
☆ 行楽先で指定場所以外での喫煙や焚き火をしない。
★ 風が強い時や空気の乾燥している時は焚き火をしない。
☆ 喫煙や焚き火を行った際には完全に消火し、確認する。
★ 宿泊施設を利用する場合、寝タバコは絶対にしない。
      火の用心 7つのポイント

           1 家の周囲に燃えやすい物を置かない。     
           2 寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。     
            3 天ぷらを揚げるときはその場を離れない。   
            4 風の強いときは焚き火をしない。         
           5 子供にマッチやライターで遊ばせない。     
           6 電気器具は正しく使用し、たこ足配線をしない。
           7 ストーブに燃えやすい物を近づけない。