名西消防組合からのお知らせ
 
○救命講習、応急手当、AEDの取扱等についてのお問い合わせは救急課まで(088-674-6788)
   
  ○平成29年度名西消防組合消防職員(消防士)採用試験の合格者について
 Myozai           ○「名西消防組合特定事業主行動計画の策定について」
「名西消防組合における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」の一部改正について
○県内5消防機関による合同水難救助訓練に参加しました。 
○ 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合に
 おける全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

  ※ 内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容
○弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について
  ※ 内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容
○熱中症を予防して元気な夏を!!!!
  出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)
 ○平成29年度 名西消防組合入札結果について
○平成29年度名西消防組合水難救助訓練を実施しました
   ○中学生が職場体験学習のため来署してくれました!!!
  救急普及啓発広報車が寄贈されました!
 


名消告示第5号
 


                                          平成29年11月29日

  平成29年度名西消防組合消防職員(消防士)採用試験の合格者については、次のとおりです

        F-1003        F-1007        F-1011  

       F-1014        F-1016




 
 

      ◆ 救急普及啓発広報車が寄贈されました!

 

 平成29年11月2日(木)一般財団法人救急振興財団より「救急普及啓発広報車」の寄贈を受けました。

 この寄贈事業は、全国の消防機関が住民に対して行っている応急手当普及啓発活動の支援を目的としたもので、一般財団法人日本宝くじ協会の助成を受けて実施されています。

 寄贈車両には、119番通報が体験できる装置やフルハイビジョン液晶テレビ等が搭載され、さらに車両側面が展開することでステージとなり、屋外での心肺蘇生法講習等の展示ができる装置が備わっています。       

 平成29年11月13日(月)、車両装備品の取扱説明会が実施され、同年12月1日の運用開始となります。

 屋外での救急講習会や各種イベント等での応急手当普及啓発活動に活用していきます。

 



                  救急普及啓発広報車

      



       ステージ開放時@                  ステージ開放時A
    


      ステージ上での訓練@                ステージ上での訓練A
     


 平成29年度名西消防組合水難救助訓練を実施しました!!

1日  時  平成29年8月1日(火)及び8月2日(水)

       午前9時から正午まで

2場  所  名西郡神山町阿野字歯ノ辻 鮎喰川 

3参加部署  名西消防組合消防本部

       石井消防署

       神山消防署

   この時期には、全国各地で水難事故が多発しております。 

    ルールを守り、安全に遊んで、楽しい夏の思い出をたくさん作りましょう!!!


 訓練準備(準備体操)                訓練説明
   

 訓練想定@(着衣泳法)               訓練想定A(スローバック取扱い訓練)
  

 訓練想定A(浮環取扱い訓練)          訓練想定B(3点セット取扱い訓練)          

 

中学生が職場体験学習のため来署しました。 (^-^)ゞ


1 日   時  

  石井中学校2年生    平成29年10月23日(月)〜10月24日(火)の2日間

  高浦中学校2年生    平成29年10月31日(火)〜11月 1日(水)の2日間

 

2 場   所  
  石井消防署 庁舎及び訓練塔付近 

3 職場体験の内容  
  訓練礼式 ・ 普通救命講習 ・ 救助訓練 ・ 警防訓練等

 
                 ○石 井 中 学 校
  
       訓 練 礼 式                  ロ ー プ 結 索

     


        警 防 訓 練



              ○高 浦 中 学 校

       車両装備品点検                  普通救命講習
    

     救助資機材取扱訓練




平成29年度県内5消防機関による広域消防相互応援協定締 結消防本部による合同水難救助訓練に参加しました

1 日   時  平成29年6月16日(金) 午前9時から  
2 場   所  小松島市和田島町
3 参加機関  県内5消防本部
 
@活動方針指示                  A個人装備装着
  
 B隊員エントリー(救出開始)           Cクレーンを使用して担架を投入
 
D要救助者を担架に収容             E要救助者救出(救出完了)
 
 
統一標語H28 「消しましょう そ
の火その時 その場所で」

救急車の適正利用について
(消防庁 救急車利用マニュアル)
 

 「ぼくは火災警報器」

住宅用火災警報器普及運動実施中。
動画の配信中
 ・MP4形式
 ・MOV形式
 ・WMV形式
秋の火災予防運動について
  11月9日(119番の日)から11月15日までの7日間 「火の用心 ことばを形に 習慣に」 をスローガンに、秋の全国火災予防運動が実施されます。
 これから冬にかけて厳しい寒さが続き、暖房器具等の火気を使う機会が多くなります。また、空気が乾燥し火災が発生しやすい季節でもあります。
 火の元点検はみんなのつとめです。少しの気のゆるみや油断から恐ろしい火災を招くことのないよう、つぎの7つのポイントに気を付けましょう。              
      火の用心 7つのポイント

           1 家の周囲に燃えやすい物を置かない。     
           2 寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。     
            3 天ぷらを揚げるときはその場を離れない。   
            4 風の強いときは焚き火をしない。         
           5 子供にマッチやライターで遊ばせない。     
           6 電気器具は正しく使用し、たこ足配線をしない。
           7 ストーブに燃えやすい物を近づけない。