名西消防組合からのお知らせ
   ○令和元年度 名西消防組合職員採用試験案内
   ○高川原保育所防災訓練を行いました。
   ○県内5消防本部合同水難救助訓練を行いました。
   ○消防自動車や緊急自動車の緊急通行に御協力お願いします。
   ○FAXによる119番通報について再度周知します。
   ○7月1日は、「国民安全の日」、7月1日から7日までの1週間は「全国安全週間」です。
      
 動画 (熱中症注意喚起)
   ○下浦南自主防災組織訓練を行いました。
   ○高原幼稚園・高原保育所での訓練や藍畑小学校の社会見学を行いました。
   ○ 違反対象物公表制度が始まります
   ○平成31・32年度一般競争入札(指名競争入札)参加資格審査申請受付について
  終了しました。
      建設工事 ( 申請要領申請様式
       測量・建設コンサルタント( 申請要領申請様式
      物品購入等( 申請要領申請様式
   ○第65回文化財防火デーに伴う石井町文化財防火訓練に参加
    ○入札結果 (平成30年度名西消防組合石井消防署訓練塔修繕工事)
    ○石井町内中学生(石井中学校・高浦中学校)体験学習
    公 表
 ○ 平成29年度名西消防組合財務書類   
      一般会計等(全体) ・財務書類4表 ・開始貸借対照表 ・固定資産台帳
      連結書類        ・財務書類4表 ・開始貸借対照表

 ○ 平成29年度人事行政の運営状況  
   ○ 平成30年度名西消防組合消防職員採用試験合格者(告示第5号)
 
○ 平成30年度 防火ポスター 「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」 
  「平成30年度軽自動車購入事業」入札結果について
    「7月豪雨」により緊急消防援助隊徳島県隊として延べ20名の隊員を派遣しました
  ○ 救命講習、応急手当、AEDの取扱等についてのお問い合わせは救急課まで
  ○ 「名西消防組合特定事業主行動計画の策定について」
  ○ 「名西消防組合における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」の一部改 正について
  ○ 弾道ミサイル発射時の取るべき行動等について(H30年4月更新)
   1  弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について
   2  弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動に関する  (Q&A)
   3  Jアラートによる情報伝達について
   4  弾道ミサイル落下時の行動(リーフレット)
   5 爆風や破片などから身を守るためにとるべき行動
   6 ミサイルが飛んできたときにはどうやって身を守る?????
   7 弾道ミサイル攻撃を受けたとき明暗を分けるのは避難行動!!!
   ※ 内閣官房ホームページ(国民保護ポータルサイト)掲載内容
  ○ 川の防災情報 大雨の時、吉野川等の川の危険性を知るには???
   「災害時の避難行動に役立つ!」情報」
   ※ 国土交通省ホームページ(川の防災情報)掲載内容
  ○ 消防署をかたる不審電話に注意してください!!!
             消防署をかたる不審電話に注意!!!

  全国各地で消防署をかたる者からの不審電話があったという事例が発生しています。

  最近、名西消防組合の管内(石井町・神山町)でも同様の事例が数件発生しています。

  共通する内容は、消防署をかたる人物から住所と氏名を確認され、防災グッズの送付や避

難訓練のパンフレットを送付等を理由に家族構成等を聞かれたりするものです。

  名西消防組合の消防本部や各消防署から、そのような内容の電話は一切かけておりません。

  悪質な電話セールスや振り込め詐欺に利用される可能性もあることから、消防署をかたる不

審な電話には十分ご注意ください。

  もし、不審な電話がかかってきた場合は名西消防組合までご相談ください。
 
救急車の適正利用について
(消防庁 救急車利用マニュアル)


 「ぼくは火災警報器」

住宅用火災警報器普及運動実施中。
動画の配信中
 ・MP4形式
 ・MOV形式
 ・WMV形式
子供を水の事故から守りましょう!
  例年7月1日の「国民安全の日」は、国民一人一人が日常生活の安全を脅かす災害発生の防止を図るために創設されております。また、労働災害を防止するため7月第1週は、令和元年度「全国安全週間」とし、日々の仕事が安全となるような取り組みが求められております。
  夏のシーズン到来と共に子供達は水遊びや水泳、または魚釣りに「海・山・河川」等へ出かける機会が多くなると思われます。この時期に怖いのが「水の事故」「熱中症」です。それを防ぐ為にも子供には常日頃から適切な遊び場所や「水の怖さ」等について各家庭において話し合う機会を多く持ちましょう。
  水遊びをしている時でも「水に入っているから大丈夫…」と水分補給を忘れがちになってしまいます。水の中にいても汗をかいているので「こまめな水分補給」等熱中症予防は不可欠です。
そして、「いざ」という時の為に「心肺蘇生法」等の応急手当の方法を身につけておくことも大切です。
       火の用心 7つのポイント
             1 家の周囲に燃えやすい物を置かない。     
             2 寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。     
             3 天ぷらを揚げるときはその場を離れない。   
             4 風の強いときは焚き火をしない。         
             5 子供にマッチやライターで遊ばせない。     
             6 電気器具は正しく使用し、たこ足配線をしない。
             7 ストーブに燃えやすい物を近づけない。